Category: セミナー・シンポジウム

日本の伝統的宗教文化であり、プリズムのように多くの面を持つ神道。神道セミナーでは、そのプリズムに光をあて、さまざまな色に反射する神道の姿を見ていきます。毎年、日本のどこかで、世界各地から招かれた研究者や実践家が、講話や映像で神道について解説をする神道セミナー。ぜひご参加ください。

第8回神道セミナー「道教と日本文化」

第8回神道セミナー「道教と日本文化」が平成16年3月13日、埼玉県秩父市の秩父神社で開催されました。参加者は、国内外の研究者や神職、一般の人々などおよそ300人で、神社への正式参拝に続いて同神社会館での講演を熱心に聴講しました。 基調講話は以下の4人で、アラン・グラパール・米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校東洋学部教授がコメンテーターを、薗田稔・秩父神社宮司・京都大学名誉教授(ISF常任理事)が総括を務めました。 開会として、中西旭ISF会長による主催者挨拶、深見東州副会長の「神道の真価値をひろく世界の人々に知っていただき、混迷する世界に平和と福利をもたらす一助となるように、努力を重ねていく所存です」とのメッセージが代読されました。 「海をわたった道教の神々」 王勇・中国浙江大学日本文化研究所長・教授    基調講話の王教授は、海を渡って日本で信仰された道教の神として「鐘馗」を例にあげ、日本の風土に合わせて性質や形を変化させた姿をスライドを使って紹介し「神様は神通力と自由自在さで海を渡り、人間以上に文化を伝えている」、さらに「広く東アジア全体を視野に入れて道教の神を研究すれば面白い」と語りました。 「日本の神社仏閣に見られる道教の要素」 河野訓・皇學館大學文学部神道学科助教授    続いて、河野助教授は、道教の社寺に与えた影響について各側面から解説しました。「中国から流入した宗教思想すべてが道教のものではない。また仏教も中国である程度、道教化されていたはず」と指摘。そして、日本で見られる道教の要素として「お札」と妙見信仰に着目し、吉田神道・霊符印と太上玄霊北斗本命延生真経・宝章の極似性を示しました。 「神道と陰陽道―江戸時代から今日まで―」 林淳・愛知学院大学文学部宗教学科教授  陰陽道を講義した林教授は「陰陽道とは何かを問うこと自体難しい。メディアイメージと研究領域でギャップがある」と切り出し、「陰陽道は〝メイド・イン・ジャパン〟。陰陽道という言葉自体が中国には無く、中国の歴史に当てはめるのはかなり強引」と、陰陽道の日本での成立と展開を概説しました。 日本における外来宗教受容の特色」平川祐弘・東京大学名誉教授・大手前大学教授    最後に立った平川教授は、日本における外来文化や外来宗教の受容の特色について、日本人の受容の態度と説明し、また、文化の交流は対等ではなく一方的であったこと、他宗教との接触で自宗教の自覚や再定義が進んだこと、仏教と既存の神道が共存する道を選んだこと、などを付け加えました。 総括    コメンテーターのグラパール教授は、外来神が日本で性格を変えることは興味ある問題だとし、日本に道教が存在したというのは誤りで、日本の宗教に大きな影響を及ぼしたとまでは言えない、とまとめました。 最後に総括に立った薗田宮司は、「樹木の根を神道に当てはめ、幹や枝葉を外来宗教に喩えて日本の宗教文化を説明する人があるとおり、それぞれの宗教が全体を活かすものとしてずっと来ている。縄文、弥生の時代から大陸との交流があるわけだから、日本にしかないものを期待しないほうがいい」「要素主義で一つの宗教を切っても意味は無い。組み合わせで、日本の歴史風土の中で育て上げた日本的な形――そこにポイントがあるというくらいの緩やかでオープンな気持ちが大切だ」などと神道研究における態度の在りようを主張しました。 このページのトップへ

過去における神道セミナー

第7回 「皇室と伊勢神宮」 平成15年3月8日 第6回 「神道における祭りの意義」 平成14年2月22日 第5回 「神道と外来宗教の出会い-日本における宗教変容のかたち」 平成13年8月19日 第4回 「日本の近現代に見る神道-教団の形成と新宗教の変換」 平成12年8月26日 第3回 「健康と霊性-神道の立場をさぐる-」 平成11年11月23日 第2回 「国家神道を検証する-日本・アジア・欧米から-」 平成10年11月7日 第1回 「神道の過去、現在、未来 」平成9年11月2日

参加申込み方法

必要事項(氏名(フリガナ)・住所・電話番号・Eメール)を記入の上、それぞれの方法でお申込みください。聴講は無料。先着200名様に聴講券をお送りします。 チラシをお持ちの方は裏面の申込み書に記入の上、郵送もしくはファックス Eメールでのお申込みは : event@shinto.org  

国際連合「国際森林年」記念 国際シンポジウム「神仏の森林文化」

国連の定める「国際森林年(the International Year of Forests)」の今年、国連NGOである神道国際学会とインターナショナル・シントウ・ファウンデーション(ISF)は、7月10日に世界文化遺産の熊野で、国際ンポジウム「神仏の森林文化」を開催しました。 本会とインターナショナル・シントウ・ファウンデーション(ISF)が主催する国際シンポジウム「神仏の森林文化」が7月10日、和歌山県田辺市の「世界遺産 熊野本宮館」で開かれた。国連が定めた「2011・国際森林年」に呼応しての開催。約230人が参加し、国内外の五人の学者らによる研究発表に耳を傾けるとともに、日本の育んだ精神文化と思想が世界の環境保全に果たす役割について思いを巡らせた。 発表したのは、熊野本宮大社宮司の九鬼家隆氏(「自然と人との共存~再生の熊野本宮より~」)、慶應義塾大学名誉教授の宮家準氏(「熊野本宮の修験道」)、コロンビア大学准教授のマックス・モーマン氏(「神の森、仏の森―熊野に見る霊場の構成」)、世界宗教対話開発協会会長でISF理事のキャサリン・マーシャル氏(「霊的リーダーシップと自然尊崇」)、国際省察クラブ会長のミシェル・タオ・チャン氏(「神々の住まう森の文化・意識の収束」)。 総合コメントは本会会長の薗田稔氏、総合司会は本会理事長の大崎直忠氏、閉会挨拶は本会常任理事の三宅善信氏がそれぞれ務めた。 環境問題への関心と行動を世界に喚起    主催者である本会およびISFは、ともに国連NGО認可団体。同シンポジウムは世界的な課題、特に環境問題への取り組みを国際社会に喚起することで国際貢献を果たそうと企図された。昨年に逝去した本会の前理事長、梅田善美氏が生前より起案し、その後、熊野三山の協力、特に会場の側に鎮座する本宮大社の助力も仰ぎつつ実現した。 薗田氏は冒頭挨拶で、神仏信仰の〝ふるさと〟熊野においてシンポジウムを開く意義を強調するとともに、開催協力を快諾した各方面に謝意を表した。 また、国際機関からの挨拶者として駆けつけたユネスコ・バンコク事務局次長のエティエン・クレマン氏は「ユネスコは精神的なもののもつ重要性をも重視する」と述べ、信仰と文化に視点を当てた今テーマの重要性を示唆した。 協賛に名を連ねた大阪ユネスコ協会の中馬弘毅会長、会場となった田辺市の真砂充敏市長(代理出席)も挨拶に立ったほか、国連経済社会局非政府組織部長のアンドレイ・アブラモフ氏と、ISF代表の半田晴久氏も紙面でメッセージを寄せた。 「天地人」共生が熊野信仰の骨格     九鬼氏 成立と変容と──熊野本宮修験の歴史   宮家氏 「聖地」は自然の魅力だけでは成り立たぬ  モーマン氏  九鬼氏は、熊野大神の神遣「八咫烏」について説明し、その三本足が示す真理こそは「天・地・人」の共生であり、そうした考え方が熊野信仰の骨格を形成しているとした。その上で、神域に付加された浄土信仰にも触れ、よみがえりの思想と神恩の中で本宮大社が今後も「日本精神の再生への道標となるよう努める」と決意を表明した。 宮家氏は、熊野本宮の修験道の歴史を辿り、その萌芽から成立、確立、そして変容へと概説した。さらに、本宮修験の特色として、道場である「長床」や、長床衆の活動についても明らかにした。 モーマン氏は、熊野という聖域、その風景は、単なる自然というだけではなく、まさに心象であり、かつ文化的産物であるとして、社会的歴史的な経緯から意味づける必要があると強調。その観点から、熊野を聖地たらしめている証左として美術や文芸、曼荼羅といった信仰芸術などを取り上げて論じた。 今こそ霊的伝統と霊的知恵の復活を マーシャル氏 自然との一体化への知恵を有する日本  チャン氏  マーシャル氏は、地球環境の破壊という深刻な危機に直面するなかで、自然を尊重し、その保護を普遍的な目的として認識するには、宗教の霊的なインスピレーションが大切だとし、霊的伝統や霊的知恵の復活を主張した。 チャン氏は、地球生命の破壊の起源や原因は人間の無知にあるとし、無知を解消し、高次の精神と「人類と自然の一体化」を目指していくために、「破滅を食い止める知識と精神を持つ日本が世界に対して役立ってほしい」と語った。 各氏発表後に行なわれた質疑応答では、日本精神の有効性を世界に知らしめるための留意点や、霊的な指導者のあり方の実際など、補足説明を求める質問が相次ぎ、活発な議論を見せた。 総合コメントで薗田氏は、神仏を相敬う日本の生命観の極意を説き、「命の再生、生まれ清まりの典型が熊野にはある」と総括した。 閉会にあたり挨拶した三宅氏は「木の文化」「森の文化」が象徴的に語られた日本の神話の構造に触れ、さらに、「大震災」による危機にみまわれている日本では新しい国づくりの神話が求められるとして、「木の国」の熊野でシンポを催すことのできた成果に言及した。   プログラム ■主催 神道国際学会(東京都認証NPO法人、国連NGO) インターナショナル・シントウ・ファウンデーション (米国ニューヨーク州認可NPO、国連NGO) ■日時 平成23年(2011)7月10日(日)  12:30~17:00 (受付開始=12:00) ■会場

Top
Shinto Kokusai Gakkai